銀行の手続きで使用する印鑑について

銀行で手続きを行うための印鑑として知られている銀行印は、お金に関する重要な印鑑となりますから、多く作らず決まったものを使うようにしましょう。まだ銀行印をお持ちでないという方や、普段使っている印鑑と同じものを銀行印として利用している方は、銀行印の購入を検討した方がリスクを少なくすることができます。

普段から印鑑を持ち歩く方は少ないでしょうが、もし誤って落としてしまうと銀行で印鑑変更届を提出しなければなりません。この変更手続きは本人が窓口で行う必要がありますし、身分証明も必要な手続きとなります。また、もし落とした印鑑を悪用されてしまうと資産に危険が及ぶため、実印と銀行印を分けて普段の生活で保管をしておくのが一般的になります。

銀行印は、主に銀行で手続きをする時に使用します。現在では生まれたお子様の通帳を早い段階で作る方が増えています。子供の預金口座に貯蓄を行い、後々教育費として使用するためにお子様の代わりに貯蓄している親御さんも少なくありません。基本的に子供の銀行口座を開設する時は、親の身分証明書や子供身分証明証、印鑑が必要です。この時の印鑑は銀行印を使用します。子供の銀行口座を開設する方も、実印と分けた銀行印にするのが般的です。

銀行印は口座を開設する時だけでなく、預金の引き出しの際などにも使用されるため、購入をして銀行口座を開設したら大切に自宅で保管をしなければなりません。

購入を検討されている方の中には、選び方がわからないという方も少なくないでしょう。今回は銀行印を購入する際の印鑑の選び方や通販サイトの選び方などについて紹介します。

Comments are closed.